国民年金
国民年金
国民年金は、20歳以上の自営業の方や学生の方など、お勤めをされていない方が加入されます。しかし、他の公的年金に加入されていらっしゃる方も同時に国民年金に加入されていらっしゃる扱いになっています。
<ドクターが国民年金に加入されるパターン>
・20歳から学校を卒業されるまでの学生の時
・御自身で開業をされ、法人化をされていらっしゃらない時
・60歳までにリタイヤされた場合、その後60歳までの時
基礎年金(国民年金)
国民年金は、日本年金機構(旧 社会保険庁)が管理しています。
国民年金として掛けた保険料は、基礎年金として支給されます。公的年金の中では基礎となる年金で、他の制度に加入している場合にも基礎年金が支給されますが、その分年金額は低く、最高額でも月額66,000円程度です。
国民年金に関する手続きは、市(区)役所、役場か、年金事務所(旧 社会保険事務所)ですることができます。他の年金制度から外れた場合は、必ず国民年金に加入するお手続きをなさって下さい。保険料の納付が途切れている時に大きな御怪我や御病気をされ障害が残られても、障害年金が受け取れなくなりますので、途切れないようご注意下さい。
国民年金の保険料は収入に関わらず一定の額です。そのため、受給できる年金の額も納付した月数に比例して一定の額となります。
但し、所得が非常に少ない時や失業保険を受給している時は事前に手続きをすれば保険料額が減額されたり免除されたりします。
老齢基礎年金の受給手続きは、老齢厚生年金や老齢共済年金を受け取っている方については必要ありません。老齢基礎年金だけを受給される場合は、事前に手続き用紙が日本年金機構(社会保険庁)から送られてきます。お手続きをされる場所はご自宅のお近くの年金事務所(社会保険事務所)です。
ドクター(医療従事者)の 年金は特殊です!
国民年金
厚生年金保険
国家公務員共済年金
地方公務員共済年金
私立学校共済
Copyright © 大神令子社会保険労務士事務所 all rights reserved.